2017年09月13日

彼岸 お供え

こんばんは。

もうすぐ秋分の日、お彼岸です。
お供えのお花はご用意できましたでしょうか。
もしご供養に集まれなかったとしても
遠方からお送りすることもできます。
まだ間に合います。↓



生花は日持ちがしませんが、プリザーブドフラワーなら大丈夫。
管理にはらはらせず、安心して置いておけます。

 
ラベル:彼岸 供養
posted by コギト at 23:57| 東京 ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

入試 時間管理

こんにちは。

児童生徒学生にとって、いよいよ2学期もしくは後期が始まりました。
ことに受験生はこれからの時間管理が肝要になってきます。
僭越ながら教師の立場から助言を差し上げておきます。
(お節介と感じたら聞かなくても良いのですよ。単なる助言ですから。)

入試では平均50分から100分と問題解答の時間が決まっています。
そのうちでいかに効率よく自分のできる問題を見つけ出し、当たれるか。
テストパターンは大きく二つです。

・時間に見合った適量を全て解かせ、達成度を見る
・時間内で解き切れない量を課してどれくらいできるかを見る

中高受験はだいたい前者です。
しかし、大学受験ともなるとバリエーション豊かで、更に

・少数の問題で達成度以上の完成度を見る

というものもあります。
ちなみに、わたくしが昔一校だけ受験して合格した大学院入試問題は
「感覚与件の客観性について述べよ。(60分)」一題でした。
これは小論文ではなく、れっきとした哲学の試験問題です。
ほかに英語とドイツ語もありましたが。

さて、時間管理です。
入試本番の時間配分は、事前によく過去問題を解いて体得しておく必要があります。
まず全体を見て、知識問題・得意分野から手をつけよというのが定石です。
最後5分は見直し時間として残しておき、空欄を残さない、とも。

そろそろ本番の時間帯生活を始めましょう。
いわゆる夜型の人、夜間に入試本番がある学校はわたくしの知る限りありませんから
試験時間帯が自分にとって効率よく頭の働くベストな時間になるよう
体調管理を始めましょう。
間違っても四当五落などという過去の伝説に縛られないよう。
時間を制する者が入試を制するのです。

posted by コギト at 10:27| 東京 ☀| 教育 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

ラテアート

こんばんは。

ツイッターでこんなステキな画像が流れてきましたよ。


これは日本のカフェだと思われますが
柴犬や猫やキャラクターのポムポムプリンなど
可愛らしい造型が泡で作られています。
飲んでしまうのが勿体ないですね!

わたくしは犬が大好きの断然犬派です。
……ので、むしろこうしたものは眺めるだけで満足。
消耗品や食べてしまうものを頂く時には
仕方ないので、謝りながら消費します。

気になさらない方は可愛いものの実物を堪能しに
出かけてみて下さいね。

ラベル:ラテ カフェ
posted by コギト at 23:35| 東京 ☁| グルメ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

ハロウィン コスプレ

こんばんは。

数年前から日本でもハロウィンの暴走が止まりません。
わたくしがこのイベントを知ったのは幼稚園生の頃、
『スヌーピー』のピーナッツシリーズを読み始めた時でした。
シュルツ先生の絵柄でさえジャック・オ・ランタンが怖くて
アメリカの何やら異形の習慣と感じました。


日本文化には冬至→クリスマスのような、これに対応するものがなく
根づかないだろうと思われていました。
2000年代以降、見事にはずれです。


8月からはやばやとコスプレや飾り物の材料が売られているのを見ました。
かぼちゃ農家さんには福音だそうです……が
いたましい日本人留学生殺害事故が過去にアメリカであったことなど
思い出しておきましょう。

posted by コギト at 23:37| 東京 ☀| 社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

植木等 クレイジーキャッツ

こんばんは。
面白い番組が始まっていたのに気がつかなかった先週……
NHKの土曜ドラマ枠で植木等のドラマが8回シリーズです!

今日たまたま「ブラタモリ」放送後、チャンネルをそのままにしていたら
淀川長治さんを明らかに模した人が
昭和のブラウン管テレビから飛び出してきました。
あらまあ! これは見なくちゃ、と思いましたよ。
伝説の喜劇役者植木等さんの伝記ドラマだったのですね。


冒頭の淀川さんの正体は小松政夫さん!
植木さんの付き人だったなんて今更ですが初めて知りました。
その至近から見た師匠の人間像ということになりそうです。

主演の俳優が余りに話し方などご本人に似ていて
誰かと思ったら、山本耕史さん。
もう中年を演じられる歳になっていましたか。
しかもいわゆる二枚目ではなく喜劇的性格俳優ですよ。

無責任男シリーズ全盛の頃、わたくしはまだ未就学児だったと思いますが
親世代に「品が良い」と好意的に受け入れられていました。
クレイジーキャッツの活躍はよく知らないのです。
でも、谷啓さんはテレビドラマの役者としてよく見かけていました。

昭和30-40年代、テレビ番組が最も面白かった時代です。
というか、テレビくらいしか庶民に娯楽が無かった時代。
懐かしいです。
リアルな植木作品が見たくなりました。

NHK「植木等とのぼせもん」公式ページ
ラベル:ハナ肇 谷啓 NHK
posted by コギト at 21:06| 東京 ☀| エンターテインメント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする